ねえ、

日記

自分のためになること とは

また無意識のうちに他の人間に期待したせいで、精神が不安定になっている。

何をしようが他の人間には理解されないし許容されないことをいい加減理解するべきだ。他の人間は違う世界で生きているのだから、どんなに頑張って物事に取り組もうとも、期待に応えようとしても期待する反応は帰ってこない。
そもそも、頑張れば認められるとか、期待してもらえてるとかそういう前提が間違っているのだ。他の人間は私を、私が期待しているようには認めない。消費するだけだ。

でも、だとしたら、他の人間はどこで精神の安寧を得ているのだろうか。期待されない、必要とされない人間関係のなかで、どうやって生きているのか。

他の人間は、多分、罪悪感なく自分のために他人を消費できるのだ。期待するとかしないとかではなくて、全部きっと自分のためなのだ。他人のためだとかいいつつ、自分のために行動しているのだ。

私は私が全然大切じゃないから、私のためにはがんばれない。だから表面上、他の人間の真似事をしようとして、他人のためにと自分のためじゃない行動をとって認められなくて消耗する。認められようとするのは自分のための行動ではないか、と言われそうだけれど、本当に自分のためにと納得して行動できていれば、他人のために行動した自分に満足できるはずなのだ。

まるで自分のためであるかのように、刹那的な娯楽で全部予定を埋めて金を払って、何も考えずにすむ時間を作ることでどうにか引き延ばしているけれど、虚しさしか残らない。面白かろうがつまらなかろうが、美しかろうが醜かろうが私が感じたことなんて何の役にも立たないのだ。私が何かを思うことを、誰も期待していない。何のために生きているのか分からない。痛みに弱くて勇気もないから終わらせることができなくてごまかしながら過ごしているけれど、生きていたい積極的な理由がない。


何が自分のためになることなのかも分からない。苦しいとも助けてとも誰にも言えなくて、独りで泣きながらうずくまる夜をあと何度過ごせば楽になれるのだろうか。